レーシングカートを始めるためのヒント

このページを開いたあなたは”レーシングカートをやりたいな”と必ず思っているはずです。
少しでもカートを始めるお手伝いができれば嬉しいと思います。
ここからのお話は「あなたはカートを始める」と仮定し、その気になって読んでみてください。

レーシングカート車両
カートコース
レース模様
スタート前の緊張感

明日のためのその1  レーシングカートって?

サーキットあづみ野でレンタルカートに乗ったあなたは”おもしろい!”と思いました。
けれどレンタルカートよりすっごく速いRACINGKARTに驚いたことでしょう。
レンタルは最高時速約50キロ。しかしレーシングカートは最高時速は100キロ。
大きさ、形はレンタルカートと同じで、ちょうど軽トラックの荷台にすっぽり収まります。
重さは65キロ前後、エンジンは2サイクル・100ccがほとんどです。
レーシングカートは個人で所有しており、運搬が面倒、保管場所がない人は、サーキットに保管もできます。

カート購入
カートを始めよう
カートを始めよう

明日のためのその2 カートの購入

まずは自分の予算を決めておきましょう。予算に応じて、そして目的に応じて、良い方法をお教えいたします。スーツ、ヘルメットetcなんだかんだ言っても一番大事なのは、マシーン!
新車から中古車までたくさんあります。
マネージャーがおすすめするのは、新車!理由は簡単レーシングマシーンはF1と同じく日々進化しています。一番確実で長い目で見れば安いと思います。
しかし女房、子供が・・・なーんて人は中古でも十分ですよ(笑)
中古車も程度がよければ十分走りますよ。ただ走れればいい!と思う人はなるべく安く。レースも上手くなったら出たい!と思う人はちょっとがんばっていい物を購入してください。ほとんどの人がやり出すとレースに出たくなるんですがねぇ・・
注:最近はインターネット、通販、オークションなどありますが、あまりおすすめできません。なるべくお店で購入いたしましょう。ネットはとんでもないエンジンとかがありますから、気をつけてください。

YAMAHA KT100SD エンジン
YAMAHA KT100SD エンジン

明日のためのその3  あづみ野で走るなら

カートを購入時、注意するのはエンジン選びです。通常は”YAMAHA KT100SD”か”GX-4"が無難でしょう。あなたはカートを始めたばかり。いきなり扱いにくいエンジンを購入しても意味が無い。サーキットでは主にこのYAMAHAのエンジンGX-4エンジンでレースが行われます。速いエンジンで、自己満足もいいですが、カートを本当に楽しむには、レースに出ることです。レースなんて・・・と思う人がいますが、カートイコールレース。レースでみんなと同じ条件の下、楽しんで見ましょう。
レースなんていってもたいしたことはありません。マネージャーは2日練習しただけで、レースに出させられました(爆)緊張しまくっていましたが、あのときのスターティンググリットでの感動、興奮が忘れられないまま、レースに出続けています。乗用車の峠、ドリフトもいいでしょうが、純粋なモータースポーツを楽しんでみましょう。
話は戻りますが、最初はSOクラス(タイヤが長持ち、初心者中心)がいいでしょう。クラッチ付きは初心者・お子様・におすすめ。
とにかくマネージャーおすすめは エンジンYAMAHAかGX−4、タイヤはSLFDです。

明日のためのその4 
内角をえぐるように打つべし!


皆様にはたくさん教えたいことがまだまだありますが、その先はサーキットあづみ野かあづみ野F−1パークでお聞きください。
とにかく、おもしろい!それしかアドバイスできません。
思いきって始めてみましょう。
あなたがサーキットに自分のカートを持って現れる日を楽しみにしております

疑問、質問ありましたら、お気軽にサーキットにお問い合わせください。

前に戻る
トップページへ